コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読経 ドキョウ

デジタル大辞泉の解説

ど‐きょう〔‐キヤウ〕【読経】

[名](スル)経文を音読すること。どっきょう。

どっ‐きょう〔ドクキヤウ〕【読経】

[名](スル)どきょう(読経)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どきょう【読経】

( 名 ) スル
〔「どくきょう」から転じた「どっきょう」の促音脱落〕
声をあげて、経を読むこと。誦経ずきよう

どっきょう【読経】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

読経
どきょう

「どっきょう」とも読む。声を出して経典を読むこと。読誦(どくじゅ)、誦経(じゅきょう)、諷経(ふぎん)ともいう。声を出さずに読む「看経(かんぎん)」に対する。経典読誦の功徳(くどく)については『法華経(ほけきょう)』その他の大乗経典中に広く説かれており、とくに中国や日本では祈願や回向(えこう)のために大乗経典が盛んに読誦された。読経と誦経を区別することもあり、読経は経典を見ながら読むこと、誦経は暗唱して読むことに用いる。[佐々木章格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の読経の言及

【寺事】より

…総じて,日々行事,月例行事のように日常性のあるものは小規模・簡略に,特殊な年中行事,臨時的な行事は大規模・盛大に執行される。
[寺事と法要]
 寺事の中核となる法要は,何曲かの声明(しようみよう)と,特定の修法(しゆほう)や読経などを組み合わせて構成されている。その組合せ方によって種々の意義を表明しうるわけであり,これに礼拝行道(ぎようどう),呪法(呪師)などの所作を加えて,より意義を鮮明にし,儀礼としてのかたちを整えている。…

※「読経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

読経の関連キーワード御法禮(礼)菩提を弔う千僧供養納めの式逮夜参り五種法師寺籠もり一生精進万部経持経者施餓鬼管絃講三礼師般若声永代経諷誦文逮夜経御読経勤行戒尺

読経の関連情報