円伊(1)(読み)えんい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円伊(1) えんい

?-? 鎌倉時代の画家。
「一遍聖(ひじり)絵」をかく。その奥書には「正安(しょうあん)元年(1299)法眼円伊筆」とあるが,絵は数人の手になるもので,円伊は制作の中心人物とみられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円伊(1)の関連情報