コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円伊 えんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円伊
えんい

歓喜光寺蔵『一遍上人絵伝 (一遍聖絵) 』の作者と伝えられる僧。奥書に円伊筆とあるが,彼の絵師としての記録はない。巧みな構図や群像表現,熟達した筆,優れた色彩感覚に作者の確かな技量を感じさせるが,全巻を通して同一人物の筆とはいいがたく,様式的,技術的に似かよった何人かの絵師集団によるものと想定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えんい〔ヱンイ〕【円伊】

鎌倉後期の画僧僧位法眼(ほうげん)。絵巻物「一遍上人絵伝(いっぺんしょうにんえでん)」(歓喜光寺本)を描いた。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

円伊

生年:生没年不詳
鎌倉後期の画家。正安1(1299)年作の『一遍聖絵』12巻(歓喜光寺など蔵)では,広大な自然のなかに一遍の遍歴を描いており,巧みな山水表現が注目される。<参考文献>小松茂美「一遍上人絵伝」(『日本の絵巻』20巻)

(救仁郷秀明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の円伊の言及

【一遍上人絵伝】より

…各種多様な遺品が存するが,二つの系統に大別される。まず《一遍聖絵(ひじりえ)》12巻(歓喜光寺蔵,ただし第7巻は東京国立博物館蔵)は絵巻としては珍しく絹本に描かれ,第12巻奥書に正安1年(1299)8月,聖戒(しようかい)が詞書をつくり,法眼円伊が絵を描き,藤原経尹が外題を書いたことを記している。このいわゆる聖戒本は一遍没後10年目に,一遍の近親でもあり高弟でもあった聖戒と,やはり一遍の身近にあったと思われる円伊が,数名の画家を統率し,報恩報徳の念をこめて制作したもの。…

※「円伊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

円伊の関連キーワード円伊(1)円伊(2)小松茂美雲荘徳慶同宿

円伊の関連情報