コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円信 えんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円信 えんしん

?-? 平安時代後期の仏師。
長円の子ともいわれる。保延(ほうえん)5年(1139)成勝寺の仏像をつくり法橋。天養2年白河御堂の造仏法眼(ほうげん)にすすむ。仁平(にんびょう)元年高野山大塔の5仏像を制作した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

円信

生年:生没年不詳
平安後期の円派系仏師長円の子または弟子と伝えられる。保延3(1137)年,鳥羽上皇の御願による安楽寿院の造仏で阿闍梨となり,同5年の崇徳天皇御願による成勝寺の造仏で法橋に,また久安1(1145)年白河二条の十一面堂本尊の造仏では法眼に上った。このほか仁平1(1151)年には高野山大塔の再興造仏を担当し,同年,高野山蓮華谷丈六堂の本尊丈六金色阿弥陀如来像を造立した。鳥羽院の時期は円派系仏師の黄金期とみなされ,円信は長円,賢円の工房を支える一方で,独自に院関係の造仏に携わるなど,その中心的存在であった。現存する奈良・西大寺四王堂の十一面観音像は,その遺作と考えられている。<参考文献>武笠朗「西大寺四王堂十一面観音像について」(『美術史』120号)

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

円信の関連キーワード河合 日辰青不動

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円信の関連情報