コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保延 ホウエン

3件 の用語解説(保延の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうえん【保延】

平安後期、崇徳天皇の時の年号。1135年4月27日~1141年7月10日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

ほうえん【保延】

日本の元号(年号)。平安時代の1135年から1141年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は長承(ちょうしょう)。次元号は永治(えいじ)。1135年(長承4)4月27日改元。飢饉、疾疫、洪水などの凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。保延年間は、鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。1135年(保延1)、平忠盛(ただもり)の海賊追討の功により、忠盛の長男である平清盛(きよもり)が従四位下に叙せられた。これにより平氏の台頭が始まる。1140年(保延6)には、北面の武士として鳥羽上皇に仕えていた佐藤義清(のりきよ)が出家し、西行(さいぎょう)と名乗った。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

保延の関連キーワード保延消えた高齢者圜悟克勤徽宗行尊長承マイモニデス楊時秋篠寺奥義抄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保延の関連情報