コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保延 ホウエン

大辞林 第三版の解説

ほうえん【保延】

年号(1135.4.27~1141.7.10)。長承の後、永治の前。崇徳すとく天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほうえん【保延】

日本の元号(年号)。平安時代の1135年から1141年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は長承(ちょうしょう)。次元号は永治(えいじ)。1135年(長承4)4月27日改元。飢饉、疾疫、洪水などの凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』を出典とする命名。保延年間は、鳥羽(とば)上皇による院政が行われていた。1135年(保延1)、平忠盛(ただもり)の海賊追討の功により、忠盛の長男である平清盛(きよもり)が従四位下に叙せられた。これにより平氏の台頭が始まる。1140年(保延6)には、北面の武士として鳥羽上皇に仕えていた佐藤義清(のりきよ)が出家し、西行(さいぎょう)と名乗った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

保延の関連キーワード大アラコ古窯跡春日若宮神社三条局(1)叡子内親王本朝続文粋頼円(1)道顕(2)円照(1)真誉(2)藤原盛方新田義重藤壺女御海住山寺大江匡範朝野群載藤原敦兼里見義俊野本基員災異改元坂上明基

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保延の関連情報