コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山溟北 まるやま めいほく

1件 の用語解説(円山溟北の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円山溟北 まるやま-めいほく

1818-1892 幕末-明治時代の儒者。
文政元年生まれ。養父円山学古にまなび,江戸の亀田綾瀬(りょうらい)門にはいる。天保(てんぽう)11年郷里の佐渡(新潟県)にかえり学古塾をひらき,のち奉行所の修教館教授となった。明治25年5月31日死去。75歳。本姓は小池。名は葆(しげる)。字(あざな)は子光。通称は三平。別号に与古為徒斎,赤川隠士など。著作に「大学夷考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

円山溟北の関連キーワード青木錦村大村桐陽高谷竜洲津田東巌堤静斎林双橋三上是庵室桜関桃節山渡辺碩也

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone