歌う(読み)ウタウ

デジタル大辞泉「歌う」の解説

うた・う〔うたふ〕【歌う/謡う/唄う/×謳う】

[動ワ五(ハ四)]
音楽的な高低・調子などをつけて発声する。「歌を—・う」「ピアノに合わせて—・う」
(「詠う」とも書く)詩歌を作る。また、詩歌に節をつけて朗読する。「望郷の心を—・った詩」
鳥などがさえずる。鳴く。「花咲き鳥—・う」
(謳う)
㋐多くの人々が褒めたたえる。謳歌する。「太平の世を—・う」
㋑ある事を盛んに言いたてる。また、明記して主張する。「国民主権を—・った憲法」→うたわれる
[補説]1で、謡曲をうたう場合は多く「謡う」と書く。
[可能]うたえる
[類語](2口ずさむ詠む/(3鳴くさえずすだえるいなな咆哮ほうこうする遠吠えする時をつくるを鳴らす・吠え立てる・唸るたけうそぶ鳴き頻る鳴き立てる地鳴き笹鳴き蝉時雨虫時雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android