円建て比率(読み)えんだてひりつ(英語表記)yen denominated ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円建て比率
えんだてひりつ
yen denominated ratio

対外取引の代金の支払い,受取りを円通貨によって行なうことを円建てといい,ある取引総額に占める円建て額の割合,または総取引件数に占める円建て取引件数の割合を円建て比率という。円建ての貿易取引を行なった場合,債権者は為替相場の変動にかかわらず,円ベースで契約した代金を受け取ることができる。日本の輸出企業が円建て契約で輸出すると,円高が起こっても売上げは契約どおりの金額を受けることとなり,為替リスクを回避できる。逆に円安の場合には,為替差益が得られなくなる。このため一般的には,輸出金額 (件数) の円建て比率は,円高局面で高まり,円安局面では低まることが多い。一方,輸入については逆となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android