コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円覚(1) えんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円覚(1) えんかく

?-? 平安時代前期の僧。
承和(じょうわ)7年(840)唐(中国)にわたる。五台山にひさしく滞在後,長安に出,855年円珍にであい,その求法(ぐほう)巡歴を援助した。866年安展(あんてん),丈部(はせつかべの)秋丸とともに真如(しんにょ)(高丘親王)にしたがって天竺(てんじく)(インド)へ旅立ち,消息をたつ。俗姓は田口。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

円覚(1)の関連キーワード承和

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android