コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐ころ軸受 えんすいころじくうけtapered roller bearing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円錐ころ軸受
えんすいころじくうけ
tapered roller bearing

ころがり軸受の一種で,通常は転動体に円錐状のころを用いたラジアルころ軸受をさす。ころが傾斜した構造 (アンギュラコンタクト) になっているので,ラジアル荷重 (回転軸線に対して直角方向の荷重) およびアキシアル荷重 (ラジアル荷重と直角方向の荷重) に対して大きな負荷容量をもっており,自動車,鉄道車両,工作機械などに広く用いられる。1個の円錐ころ軸受では,一方向のアキシアル荷重しか受けられないので,通常は2個を相対して配列し,アキシアルすきまを調節して用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

円錐ころ軸受の関連キーワードスラストころ軸受旋盤台車

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android