コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円錐振(り)子 エンスイフリコ

デジタル大辞泉の解説

えんすい‐ふりこ〔ヱンスイ‐〕【円×錐振(り)子】

一端を固定した糸の他端におもりをつるし、おもりを水平面内で等速円運動をさせる振り子。糸が円錐面をつくる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の円錐振(り)子の言及

【振子】より

…これを水平振子と呼び,地震計などに利用する。糸でつるしたおもりに水平面内で円運動をさせるものを円錐振子,また糸でつるしたおもりにその糸の長さを半径とする球面の上で運動させるものを円振子という。棒の先端におもりをつけた振子を逆立ちさせると不安定であるが,支点を上下方向に振動させるとおもりは小さい振幅の振動をしながら逆立ちの状態を保つ。…

※「円錐振(り)子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android