コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円鱗 エンリン

大辞林 第三版の解説

えんりん【円鱗】

硬骨魚類の骨鱗の一種。ほぼ円形で、とげのないうろこ。同心円状に年輪ができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の円鱗の言及

【うろこ(鱗)】より

…現生の条鰭類は,ガーパイクがガノイン鱗をもつ以外は,ほとんどが骨鱗である。骨鱗には,ニシンやコイなどにみられる円鱗と,スズキなどの櫛鱗(しつりん)が区別されるが,中間的形態のものや,両者をともにもつもの,うろこをもたないものもある。一方,総鰭類や肺魚類では,初期にはコズミン鱗であるが,後には骨鱗になっている。…

【魚類】より

…硬骨魚類の骨鱗はコラーゲン質の繊維薄板が多数重なった表面を骨質層が覆ったもので,すこぶる強靱であり,真皮内に屋根瓦状に配列している。その遊離縁に櫛(くし)の歯状の突起のあるものを櫛鱗(しつりん∥せつりん),ないものを円鱗と呼ぶ。骨鱗の表面には成長に伴って隆起線ができるが,冬など成長の衰えたときにできた隆起線の間隔は狭いので,これによって魚の年齢を推定することができる。…

※「円鱗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

円鱗の関連キーワードトガリイチモンジイワシソトイワシ(外鰯)ニホンダルマガレイオヤニラミ(親睨)ハイギョ(肺魚)ヤナギムシガレイキヌバリ(絹張)コンニャクイワシミシマオコゼスミクイウオギス(義須)ハダカイワシメイタガレイウルメイワシアサバガレイナンヨウボラ魴鮄・竹麦魚ナミノハナデメニギスメルルーサ