コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冒す オカス

デジタル大辞泉の解説

おか・す〔をかす〕【冒す】

[動サ五(四)]《「犯す」と同語源》
危険や困難を覚悟のうえで、あえてする。「風波を―・して出港する」
聖域・尊厳などを汚し傷つける。「神聖にして―・すべからず」
他家の姓を名のる。「養家の姓を―・す」
[可能]おかせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかす【冒す】

( 動五[四] )
〔「犯す」と同源〕
困難や危険を乗り越えて行動する。 「風雪を-・して救助に向かう」
病気などが人の心身をそこなう。また、薬品が他の物質をそこなう。 「結核に-・されている」 「アルミは酸に-・されやすい」 「念仏の時、睡ねぶりに-・されて/徒然 39
他人の姓を名乗る。 「他姓を-・す」 「高橋の姓は養家のを-・したので、僕の元の姓は大塚といふです/運命論者 独歩
[可能] おかせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冒すの関連キーワード竜の鬚を撫で虎の尾を踏むジニトロベンゼンリウマチ様関節炎シアン化カリウム火中の栗を拾う官邸主導型決定ストロンチウムクロコウジカビジステンパー脊椎カリエス虎の尾を踏むリスクテークタイトロープクロロ酢酸葛城磐之媛ヨウ化水素くもの巣病実業之日本水火を踏む神経梅毒

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冒すの関連情報