コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風波 カザナミ

デジタル大辞泉の解説

かざ‐なみ【風波】

風と。また、風によって起こる波。ふうは。かぜなみ。

ふう‐は【風波】

風と波。また、風が吹いて立つ波。風浪。「外海は風波が強い」「風波の難」
もめごと。争いごと。なみかぜ。「家庭内に風波の絶え間がない」
世を処していく上での困難や煩わしさ。「世間の風波にもまれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

サーフィン用語集の解説

かぜなみ 【風波】

オンショアが吹いた時などに立つ波。フェイスが風で潰されてしまって、ショルダーの続かない波が多く、あまりサーフィンには適さないコンディション。ただし、波数が多くブレイクするので、距離は乗れなくても数多くの波に乗れる理由で、結構風波が好きなサーファーも多いのでは?!

出典 (株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツサーフィン用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

かざなみ【風波】

風によって水面に起こる波。波頭がとがっているのが特徴。かぜなみ。

ふうは【風波】

風と波。また、風によって立つ波。
争いごと。もめごと。なみかぜ。 「家庭に-が絶えない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風波の言及

【風浪】より

…風波と書いて,〈ふうは〉〈かぜなみ〉あるいは〈かざなみ〉と呼ぶこともある。水面上を吹く風から直接エネルギーが供給されて発達中の波浪をいう。…

【風浪】より

…風波と書いて,〈ふうは〉〈かぜなみ〉あるいは〈かざなみ〉と呼ぶこともある。水面上を吹く風から直接エネルギーが供給されて発達中の波浪をいう。…

【風浪】より

…風波と書いて,〈ふうは〉〈かぜなみ〉あるいは〈かざなみ〉と呼ぶこともある。水面上を吹く風から直接エネルギーが供給されて発達中の波浪をいう。…

※「風波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

風波の関連キーワードソンドウォン(松濤園)N.M. ニューマークヨンフン(永興)湾シンホワ(興化)湾フアンデフーカ海峡べくもあらず浮き荷・浮荷苦み・苦味浪切り不動ドジャー兵庫運河メーリケ如くなりライツー船溜まり湿ドック表面波がぶる流し網玄界灘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風波の関連情報