他家(読み)たけ

精選版 日本国語大辞典「他家」の解説

た‐け【他家】

〘名〙 他人の家。また、自分の親族でない家。ほかの家筋。
※観智院本三宝絵(984)下「他家遠事心中思遣」
※太平記(14C後)三「一門・他家、宗徒の人々迄を催されける」 〔詩経伝‐唐風・葛生〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「他家」の解説

た‐け【他家】

よその家。また、ほかの家筋

た‐か【他家】

他の家。他の人。たけ。
別の個体。「他家受粉」→自家2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android