コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠血管拡張薬 かんけっかんかくちょうやく

1件 の用語解説(冠血管拡張薬の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠血管拡張薬
かんけっかんかくちょうやく

心臓の冠状動脈を拡張させ、心臓に多量の血液を送り込み酸素と栄養を供給する薬剤で、冠拡張剤ともいう。心臓へ送られる血液が不足し酸素と栄養の補給が欠乏しておこる虚血性心疾患狭心症心筋梗塞(こうそく)、冠不全など)の予防や治療に用いられる。つまり、冠血流量の増加によって酸素供給量が増加し冠不全症状に有効という見方から冠拡張剤ともよばれてきたが、冠拡張作用のないβ(ベータ)遮断薬でも同様の効果が認められるなど、現在では薬理学的な面を考慮して抗狭心症薬とよぶ場合が多くなった。これに含まれる薬剤には、ニトログリセリン、硝酸イソソルビトール、亜硝酸アミルなどの硝酸エステルや亜硝酸塩をはじめ、ニフェジピンやジルチアゼムなどのカルシウム拮抗(きっこう)薬のほか、ジピリダモール、ジラゼプ、トラピジル、カルボクロメン、エフロキサートなどがある。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の冠血管拡張薬の言及

【血管拡張薬】より

…代表的な薬物には次のようなものがある。(1)ニトログリセリン,硝酸イソリルビッド,亜硝酸アミルなど,硝酸ないし亜硝酸化合物は,血管平滑筋に直接作用して血管拡張,血流増加を促し,また心筋の酸素消費量を減らすので,古くから冠血管拡張薬として使われている。(2)血管平滑筋や心筋の収縮に必要なカルシウムイオンが細胞外から細胞内へ流入するのを抑える薬物として一群のカルシウム拮抗薬がある。…

※「冠血管拡張薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone