コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠不全 かんふぜんcoronary insufficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冠不全
かんふぜん
coronary insufficiency

冠状動脈が心筋の必要とするだけの血液 (酸素) を供給できない状態をいう。心電図に変化が生じるだけの無自覚性のものと,いわゆる狭心症症状が種々の程度で現れるものとがある。主因としては冠状動脈硬化,高脂血症,大動脈弁閉鎖不全や狭窄,梅毒による冠状動脈開口部狭窄などがある。原疾患の治療のほか,一般内科,ことに循環器系の加療,さらにストレス処理を考慮した生活の改善を必要とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

冠不全【かんふぜん】

心筋に栄養と酸素を供給する動脈を冠状動脈というが,この動脈の硬化症や心筋の肥大などのため,必要とする酸素が十分に心筋に送られない状態を冠不全,血栓(けっせん)などで永続的に冠状動脈が閉塞(へいそく)された状態を心筋梗塞,冠状動脈の一時的痙攣(けいれん)で急激に閉塞されて胸痛を伴うものを狭心症という。
→関連項目心室細動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんふぜん【冠不全 coronary insufficiency】

心筋の酸素需要に対して,冠状動脈からの動脈血の供給が不十分であるために,心筋が虚血に陥っている病的状態をいう。典型的な病態は狭心症であるが,狭心症以外の心疾患やショックなどで心筋の虚血が生じた場合はいずれも冠不全に含まれ,通常心電図の異常が判断の根拠となる。狭心症や心筋梗塞とともに虚血性心疾患に含まれ,症状のない無症候性冠不全や重症な急性冠不全,急性冠症候群などの特殊病型もある。【細田 瑳一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんふぜん【冠不全】

冠状動脈硬化症や大動脈炎、ショックなどによって、心臓に必要な酸素が十分に供給できない状態。狭心症や心筋梗塞などの原因になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冠不全
かんふぜん

心筋が必要とする血液量を冠状動脈が十分に供給できないためにおこる諸病態の総称。一般的には狭心症、心筋梗塞(こうそく)などの臨床的病名と同義的に用いられることが多いが、本来は心筋の酸素需要と供給の不均衡という病態生理学的な概念として使用される用語である。冠不全をきたす病態としては、冠状動脈硬化症、冠状動脈血栓症、冠状動脈攣縮(れんしゅく)が重要であるが、血液の酸素運搬能が著しく低下する重症の貧血、あるいは著しい心肥大による心筋酸素消費量の亢進(こうしん)に伴う心筋の相対的酸素不足などによっても冠不全がみられることもある。[井上通敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冠不全の関連キーワードニトログリセリン冠状動脈硬化症アミノフィリン高血圧性心臓病中毒性肝障害冠血管拡張薬肩手症候群IHD心臓痛

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android