コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冬木彦六 ふゆぎ ひころく

2件 の用語解説(冬木彦六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冬木彦六 ふゆぎ-ひころく

?-? 江戸時代中期の商人。
江戸の人。正徳(しょうとく)-享保(きょうほう)年間(1711-36)に大坂での米会所(米市)設立を幕府に2度出願し,ゆるされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

冬木彦六

生年:生没年不詳
江戸中期,特に享保期(1716~35)に活躍した江戸の商人。幕府は米価政策の推進のため江戸の商人を大坂に派して米会所の設立を許したが,そのときに活躍した江戸商人のひとり。正徳・享保期の大坂米座御為替御用会所と享保15(1730)年の北浜冬木米会所の設立出願人である。最初のときは三谷三左衛門らと,2度目のときは冬木善太郎,杉田新兵衛らと名を連ねている。これらからみると,江戸の地で幕府との関係も深く,幅広く活躍していたものとみられる。<参考文献>土肥鑑高『近世米穀流通史の研究』,西山松之助江戸町人の研究』1巻

(土肥鑑高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冬木彦六の関連キーワード田村水鴎山崎竜女大尽舞享保薗八火除け地行成本曽我狂言大坂屋利右衛門宮川長亀

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone