コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷水渦 レイスイウズ

デジタル大辞泉の解説

れいすい‐うず〔‐うづ〕【冷水渦】

海洋に生じる、直径数十から数百キロメートル程度の中規模の渦のうち、周囲の海水温よりも冷たいもの。北半球では反時計回りに回転し、海水面は中央に向かうほど低くなる。⇔暖水渦

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の冷水渦の言及

【冷水塊】より

…海洋中に存在する周囲より低温の海水の塊。普通直径100~200kmくらいの円形状をなし回転運動を伴っており,冷水渦ともいう。海水はいたるところ均質ではなく,場所により異なった性質の海水が入り乱れているのが普通である。…

※「冷水渦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

冷水渦の関連キーワードメキシコ湾流海流の蛇行冷水塊海洋

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android