コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖水渦 だんすいうずwarm eddy

2件 の用語解説(暖水渦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖水渦
だんすいうず
warm eddy

周囲より水温が高い水塊。直径が 100km程度から数百 kmの大きさで,渦の構造が 1000km近くまで存在することもある。暖水渦は中央部では水面が高く,外側に向かうにつれて下降する。また,圧力傾度力と遠心力が中心から外へ,コリオリの力が外から中心へ働く結果,海水は北半球では時計回り (高気圧性循環) に運動する (南半球では逆) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんすい‐か〔‐クワ〕【暖水渦】

海洋に生じる、直径数十から数百キロメートル程度の中規模の渦のうち、周囲の海水温よりも暖かいもの。北半球では反時計回りに回転し、海水面は中央に向かうほど高くなる。⇔冷水渦

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の暖水渦の言及

【暖水塊】より

…海洋中に散在する周囲より高温の海水の塊。ふつう,直径100kmから200km程度の円形状をなし回転運動を伴っており,暖水渦ともいう。かつては海洋はかなり大規模な範囲にわたって均質な性質をもつと考えられていたが,最近20年ほどの海洋観測法の進歩とともに,海洋にはさまざまな空間スケールと時間スケールの変動が存在することが知られるようになった。…

※「暖水渦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

暖水渦の関連キーワード赤外線天文学ノックスシャープ100Kノックスボール100KHEMT星間物質電波天体

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone