コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暖水渦 だんすいうず warm eddy

2件 の用語解説(暖水渦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暖水渦
だんすいうず
warm eddy

周囲より水温が高い水塊。直径が 100km程度から数百 kmの大きさで,渦の構造が 1000km近くまで存在することもある。暖水渦は中央部では水面が高く,外側に向かうにつれて下降する。また,圧力傾度力と遠心力が中心から外へ,コリオリの力が外から中心へ働く結果,海水は北半球では時計回り (高気圧性循環) に運動する (南半球では逆) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だんすい‐か〔‐クワ〕【暖水渦】

海洋に生じる、直径数十から数百キロメートル程度の中規模の渦のうち、周囲の海水温よりも暖かいもの。北半球では反時計回りに回転し、海水面は中央に向かうほど高くなる。⇔冷水渦

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の暖水渦の言及

【暖水塊】より

…海洋中に散在する周囲より高温の海水の塊。ふつう,直径100kmから200km程度の円形状をなし回転運動を伴っており,暖水渦ともいう。かつては海洋はかなり大規模な範囲にわたって均質な性質をもつと考えられていたが,最近20年ほどの海洋観測法の進歩とともに,海洋にはさまざまな空間スケールと時間スケールの変動が存在することが知られるようになった。…

※「暖水渦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

暖水渦の関連キーワード冷水塊海水温度高地高み溜まり水濁り水川霧土用隠れ現場水温暖水塊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone