コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷水塊 れいすいかい cold water mass

7件 の用語解説(冷水塊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷水塊
れいすいかい
cold water mass

一般には周囲の海水より数℃~10℃程度温度の低い海水の塊をさすが,黒潮が東海,紀伊半島沖で南に蛇行している時期に,黒潮と本州の間に存在するほぼ円形の冷たい海水の塊をいうことが多い。この場合,大冷水塊とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れいすい‐かい〔‐クワイ〕【冷水塊】

周囲よりも冷たい海水の塊。日本では黒潮が南に迂回したときに房総・紀伊半島沖などに規模の大きいものがみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

冷水塊【れいすいかい】

低温の水塊。特に黒潮の流路が紀伊半島沖から伊豆諸島にかけて沖側に迂回蛇行(うかいだこう)するとき,その内側で冷たい下層水が浮上してできる冷水塊をさすことが多い。
→関連項目黒潮水塊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ダイビング用語集の解説

冷水塊

ノーマルな海水温よりも水温の低い海水の塊。普段見られない魚が潜んでいることもある。

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいすいかい【冷水塊 cold‐core ring】

海洋中に存在する周囲より低温の海水の塊。普通直径100~200kmくらいの円形状をなし回転運動を伴っており,冷水渦ともいう。海水はいたるところ均質ではなく,場所により異なった性質の海水が入り乱れているのが普通である。また時間的にもかなり変動するが,近年になってその様相がしだいに明らかにされてきた現象に黒潮や湾流に伴う冷水塊や暖水塊がある。 冷水塊の中で最も昔から知られていたのは黒潮の大蛇行に伴って紀州沖に発生するもので,これは他の冷水塊と区別してとくに大冷水塊と呼ぶことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいすいかい【冷水塊】

周囲より低い水温をもつ海水の渦。 → 冷水域

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷水塊
れいすいかい
cold water mass

海洋中の一様な水塊のなかに孤立して存在する周囲より温度の低い水塊をいう。水平・鉛直両方向に相当の大きさを有し、ひとたび出現するとその存続期間も長い。代表的なものとして紀州沖の熊野灘(くまのなだ)や遠州灘にできる紀州沖冷水塊がある。
 紀州沖冷水塊は潮岬(しおのみさき)の南―南東、100~200キロメートル沖の、岸と黒潮との間に出現し、円形または楕円(だえん)形をしている場合が多く、半径は約180キロメートルになることもある。黒潮の本流は冷水塊の外(南)側を、冷水塊の縁に沿って大きく迂回(うかい)し蛇行する。冷水塊域の水温は海面で周囲より約5℃、400メートル層で約10℃低い。溶存酸素量は表層以外では少なく、透明度も低くて20メートル以下である。冷水塊は全体として大きな渦状をしていて、塊のなかの海水の回転方向は反時計回りである。この冷水塊は冷たい中層水の湧昇(ゆうしょう)により形成される。これは、T‐S(温度‐塩分)ダイヤグラムを黒潮域と冷水塊域とでつくってみると、同じ温度・塩分を示すところが、冷水塊域ではかなり浅くなっていることからもわかる。
 紀州沖冷水塊は数年から10年近くにわたり存続する。出現の周期は約15年ともいわれる。このため紀州沖の黒潮の流路には、冷水塊があるときは南に大きく迂回して東進し、存在しないときはまっすぐに東進するという二つのモードがある。以前は前者を「黒潮異変」とよんだが、現在では「本州南方には、二つの異った流れ方がある」と考え、異変とはいわない。紀州沖冷水塊は1933年(昭和8)ごろ、旧日本海軍の大演習の際に初めて発見され、宇田道隆(うだみちたか)らにより調査研究が行われた。
 黒潮続流域、対馬(つしま)暖流域、大西洋のガルフストリーム(湾流)域で、比較的大きな冷水塊が形成されることがある。これらの冷水塊は紀州沖冷水塊に比べると規模が小さく、存続期間も数週間~数か月と短い。冷水塊(暖水塊も同様)の生成は、黒潮や湾流の蛇行により北側の冷水(暖水塊の場合は南側の暖水)が切り離されることによる。冷(暖)水塊は渦(うず)eddy, vortexともいうが、近年ではリングringとよぶことが多い。
 紀州沖冷水塊がなぜ形成されるのか、また形成されないのかは定説がないが、本州南沖の海底地形が黒潮の流れ方に与える地形効果が大きいと考えられている。[半澤正男・高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

冷水塊の関連キーワード海水海洋資源実存低温貯蔵海水ウラン採取裂罅水落ち凹む超低温海洋の酸性化暖水塊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone