コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷間圧延鋼材 れいかんあつえんこうざいcold rolled steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷間圧延鋼材
れいかんあつえんこうざい
cold rolled steel

熱間圧延鋼材を冷間圧延機でさらに薄く圧延したもの。表面にスケールが発生せず,肌が美しく,寸法精度が高い。大部分がコイル状のまま出荷され,剪断 (せんだん) ,スリットして使用されるか,またはメッキ用とされる。自動車,電気洗濯機,亜鉛鉄板など広い用途をもつ。近年は需要が増加傾向にあり,またストリップミルの普及で鋼材中の割合は増加してきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android