コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱間圧延鋼材 ねっかんあつえんこうざいhot rolled steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱間圧延鋼材
ねっかんあつえんこうざい
hot rolled steel

おもにホット・ストリップミルで製造される鋼材。幅 500mmから約 2200mmまで,厚さは最小 1.2mmまで圧延される。圧延された鋼板は長さ 1000m以上の長さになるものもあり,コイル状に巻取られたものを広幅帯鋼と呼んでいる。またストリップミルでは,16mm未満の厚板も製造される。熱延鋼材の一部は,一定の長さに切断して,自動車,車両,農機具などの高度な深絞り加工を必要としない部分やエキスパンデッドメタル (鋼板を網目状に切開伸長したもの) やメタルフォームに使用されるほか,ブリキ亜鉛鉄板の厚板ともなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

熱間圧延鋼材の関連キーワード冷間圧延鋼材

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android