コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凝らす コゴラス

デジタル大辞泉の解説

こごら・す【凝らす】

[動サ五(四)]固まらせる。凝固させる。「豆腐を―・す」

こら・す【凝らす】

[動サ五(四)]
心の働きを一つのものや所に集中させる。「ひとみを―・す」「息を―・す」
一心に考えをめぐらす。「工夫を―・す」「意匠を―・す」
凝り固まるようにする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こらす【凝らす】

( 動五[四] )
意識をひとつの物事に集中させる。そそぎこむ。 「目を-・して舞台を見つめる」 「息を-・す」 「工夫を-・す」 「数寄を-・す」
筋肉などが固くなるようにする。 「あまり肩を-・してしまうと健康に悪いよ」
物が寄り集まって固まるようにする。 「雲を-・せり/御伽草子・秋夜長」 〔「凝る」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凝らすの関連キーワードケルムスコット・プレスヌーベルキュイジーヌ風流(ふうりゅう)竹田出雲(1世)物好き・物数奇ミニマリズム渡嘉敷 貞子柳下亭種員数寄・数奇息を詰める大御所時代古画品録森川馬谷御伽草子枚を銜む淡路人形仕出し下地窓晴れ着風流能

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凝らすの関連情報