凡打(読み)ボンダ

デジタル大辞泉の解説

ぼん‐だ【凡打】

[名](スル)野球で、ヒット・犠打にならない打撃をすること。また、その打撃や打球。「力んで凡打する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんだ【凡打】

( 名 ) スル
野球で、ヒットや犠打にならない打撃。また、その打球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼん‐だ【凡打】

〘名〙 野球で、ヒットにならない平打撃。また、比喩的に、平凡なつまらないもの。
※熱球三十年(1934)〈飛田穂洲〉平凡な大投手「手元に繰込んでから速力を増す威力は、多くの強者をして凡打(ボンダ)を余儀なくさせてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

凡打の関連情報