コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛田穂洲 とびたすいしゅう

8件 の用語解説(飛田穂洲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛田穂洲
とびたすいしゅう

[生]1886.12.1. 茨城
[没]1965.1.26.
野球評論家。本名忠順。 1913年早稲田大学卒業。読売新聞社記者を経て 1919年母校の野球部監督となり,「知識は学問から,人格はスポーツから」という安部磯雄の方針にのっとった独特の指導と猛訓練によって早稲田大学野球部の黄金時代を築き上げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

飛田穂洲

1886(明治19)年生まれで旧大場村(現水戸市大場)出身。旧制水戸中(現水戸一高)、早大で野球部主将として活躍し、のちに早大野球部初代監督に就任した。野球を通じた人格形成や精神修養を重んじ「学生野球の父」と呼ばれる。「一球入魂」という名文句を残した。

(2008-01-20 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とびた‐すいしゅう〔‐スイシウ〕【飛田穂洲】

[1886~1965]野球評論家。茨城の生まれ。本名、忠順(ただより)。早稲田大学野球部監督を歴任。野球評論で精神野球を説き、学生野球の父とよばれた。著「熱球三十年」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飛田穂洲【とびたすいしゅう】

野球評論家。本名は忠順。茨城県出身。野球選手として活躍した早稲田大学を卒業後,読売新聞に入社。1919年早大野球部監督に就任,黄金時代を築く。評論活動などを通じてアマチュア野球の普及や育成に努め,〈学生野球の父〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛田穂洲 とびた-すいしゅう

1886-1965 明治-昭和時代の野球人。
明治19年12月1日生まれ。早大野球部で主将。大正8年早大野球部監督となり,その黄金時代をきずく。15年朝日新聞社にはいり,大学野球と高校野球(戦前は中等学校野球)評論に健筆をふるい,「学生野球の父」とよばれた。昭和35年野球殿堂入り。昭和40年1月26日死去。78歳。茨城県出身。本名は忠順(ただより)。著作に「熱球三十年」など。
【格言など】甲子園の浜風心して吹け

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とびたすいしゅう【飛田穂洲】

1886‐1965(明治19‐昭和40)
野球評論家。茨城県出身。穂洲は筆名で,本名は忠順。早稲田大学時代に野球選手として活躍,卒業後読売新聞に入社した。1920‐26年早大野球部監督をつとめ,とくに24年から25年にかけて36戦全勝の記録を樹立,早大野球黄金時代を築いた。25年からは朝日新聞嘱託として中等野球にうちこんだ。〈一球入魂〉〈快打洗心〉など〈精神の野球〉を説いて学生野球全体の健全な普及・発達を指導,〈学生野球の父〉として信奉された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とびたすいしゅう【飛田穂洲】

1886~1965) 野球評論家。茨城県出身。本名、忠順。早大野球部の選手・監督。朝日新聞社に入って野球評を書き続け、大学野球・中等学校野球(現、高校野球)に情熱を傾けて精神野球を説き、「学生野球の父」と称された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛田穂洲
とびたすいしゅう
(1886―1965)

野球評論家。本名忠順(ただより)。茨城県出身。水戸中学(現水戸一高)を経て早稲田(わせだ)大学入学、同野球部5代目の主将。読売新聞記者を経て1920~25年(大正9~14)まで早大監督。1926年朝日新聞に入社し野球評論に格調高い独特の文体で健筆を振るい、精神野球を説いた。高校野球(戦前は中等学校野球)や大学野球の選手に大きな影響を与え、学生野球の父とよばれた。1957年(昭和32)球界の功労者として紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章、60年野球殿堂入りをしている。[神田順治]
『飛田穂洲著『熱球三十年――草創期の日本野球史』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飛田穂洲の関連キーワード青井鉞男伊丹安広市岡忠男鈴木惣太郎鈴木竜二中沢不二雄広瀬謙三大下常吉久保田高行二神武

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛田穂洲の関連情報