出世頭(読み)シュッセガシラ

大辞林 第三版の解説

しゅっせがしら【出世頭】

一族や同級生などのなかで、最も立派な身分となった人。出世が一番早い人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅっせ‐がしら【出世頭】

〘名〙 同窓、同期など、同じ仲間の中で最も出世した人。また、出世が一番速い人。
※人間嫌ひ(1949)〈正宗白鳥〉「W文科出身では出世と云ったやうな趣きを呈しだした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出世頭の関連情報