コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出入り筋 デイリスジ

デジタル大辞泉の解説

でいり‐すじ〔‐すぢ〕【出入り筋】

商売などで、いつも出入りしている家。得意筋。
江戸幕府の訴訟手続きの一。奉行所原告被告を呼び出し、対決審問のうえ、判決を下す手続き。主に民事を扱った。→吟味筋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でいりすじ【出入り筋】

江戸時代の訴訟手続の一。奉行所など裁判機関が原告・被告の双方を出頭させ、対決審問して判決を与えるもの。主に民事事件に行われる。 ⇔ 吟味ぎんみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出入り筋の関連キーワード訴訟手続出入り

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android