コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審問 シンモン

5件 の用語解説(審問の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐もん【審問】

[名](スル)
事情などを詳しく問いただすこと。「遅延事由を審問する」
裁判所が事件を審理するため、口頭弁論によらず、当事者利害関係人に口頭または書面で問いただすこと。
行政機関の行う聴聞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

審問【しんもん】

行政機関が処分等の行為を行う際に,利害関係者に陳述の機会を与え,その意見を聴取する手続(証券取引法36条,労働組合法27条1項)。一般には聴問と呼ばれるもの。なお,民事訴訟における審問は,新民事訴訟法では〈審尋〉と改められた。
→関連項目伝聞証拠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

審問

米国の作家パトリシア・コーンウェルのミステリー(2000)。原題《The Last Precinct》。「検屍官ケイ」シリーズ第11作。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんもん【審問】

民事訴訟で,受命裁判官または受託裁判官が当事者や証人その他の訴訟関係人に対して書面または口頭で陳述の機会を与える手続をいう(民事訴訟規則35条,78条)。裁判所が,口頭弁論を開かない場合に行う同様の手続は審尋(訊)と呼ばれる。審問および審尋は,当事者等の利害関係人に簡易迅速な陳述の機会を与え,裁判所ないし裁判官口頭弁論のような厳格な方式によらずに利害関係人の主張を聞くための手続である。なお,行政機関が処分等の行為を行うに際して,利害関係人に陳述の機会を与え,その意見を聴取する手続(一般には聴聞と呼ばれる)をさして審問と呼ぶことがある(証券取引法36条,労働組合法27条1項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんもん【審問】

( 名 ) スル
くわしく問いただすこと。 「本国当時の民情を-せしに/経国美談 竜渓
裁判官が審理のために問いただすこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

審問の関連情報