コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刀銘 カタナメイ

デジタル大辞泉の解説

かたな‐めい【刀銘】

刀剣ので、左腰に刃を上にして差したとき、茎(なかご)の差表(さしおもて)側になる方に彫ったもの。→太刀(たち)銘

とう‐めい〔タウ‐〕【刀銘】

刀剣の銘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたなめい【刀銘】

刀剣を刃を上にして差した時、中子なかごの差し表側になる方に入れた作者の銘。 ⇔ 太刀たち

とうめい【刀銘】

刀剣の銘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

刀銘の関連キーワード冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴鹿児島県鹿児島市照国町愛知県瀬戸市定光寺町高知県高知市薊野中町月山 貞一(2代目)大阪府四條畷市南野岐阜県中津川市福岡江田船山古墳日本刀の用語東大寺山古墳致道博物館祐定(3)祐定(1)祐定(2)反正天皇雄略天皇金石文太刀銘太刀刀剣

刀銘の関連情報