刀銘(読み)カタナメイ

デジタル大辞泉の解説

かたな‐めい【刀銘】

刀剣ので、左腰に刃を上にして差したとき、茎(なかご)の差表(さしおもて)側になる方に彫ったもの。→太刀(たち)銘

とう‐めい〔タウ‐〕【刀銘】

刀剣の銘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたなめい【刀銘】

刀剣を刃を上にして差した時、中子なかごの差し表側になる方に入れた作者の銘。 ⇔ 太刀たち

とうめい【刀銘】

刀剣の銘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刀銘の関連情報