コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子エレクトロニクス材料 ぶんしエレクトロニクスざいりょう molecular electronics material

1件 の用語解説(分子エレクトロニクス材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分子エレクトロニクス材料
ぶんしエレクトロニクスざいりょう
molecular electronics material

通常の素材が分子の集合体として機能を発揮するのに対し,有機分子1個または数個のレベルで独立した電気特性を発揮させようとするエレクトロニクスデバイス用材料をいう。単位断面積当たりの集積度は最高度に高くなるので,究極の超高密度メモリ機能素子として期待されるが,研究が緒についたばかりである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分子エレクトロニクス材料の関連キーワード会合ガラスセラミックス超分子可算集合超分子集合体蛍光プローブ変成岩体閃光集合体ギーセカイト斑岩粉粒体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone