コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分巻電動機 ぶんまきでんどうき

百科事典マイペディアの解説

分巻電動機【ぶんまきでんどうき】

界磁巻線が電機子巻線並列に電源に接続されている電動機。交流機もあるが,一般には直流機をさす。励磁電流が一定だから,負荷にかかわらず回転速度はほぼ一定。界磁調整器(分巻巻線に直列に入れた可変抵抗)によって速度調節が容易で,工作機械,各種自動制御装置に多用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分巻電動機
ぶんまきでんどうき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

分巻電動機の関連キーワード交流整流子電動機加減速度電動機直流電動機複巻直流機界磁巻線

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android