コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分権化組織 ぶんけんかそしきdecentralized organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分権化組織
ぶんけんかそしき
decentralized organization

経営上の意思決定権限がトップ・マネジメントに集中することなく,公式的に下位部門に権限委譲された組織。分権化の方法として最も代表的なのが事業部制の採用である。また SBU (戦略事業単位) のように戦略別に組織ユニットを設ける場合もある。そのほか,基本的には職能別組織を維持したままタスク・フォースプロダクト・マネジャー制などの横断的組織を設けるといった方法によっても分権化は行なわれる。分権化の持つ最も重要な意味は,情報の発生源により近い場所で意思決定が行なわれるという点にある。それによって意思決定のスピードが速くなり,現実的でタイムリーな対応が可能になる。したがって,特に変化が速く,多様化した市場に直面している企業で,組織は分権化されやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android