分解性プラスチック(読み)ぶんかいせいプラスチック(英語表記)degradable plastic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分解性プラスチック
ぶんかいせいプラスチック
degradable plastic

プラスチック廃棄物の処理の方策の1つ。光分解性 phot-degradableプラスチックと微生物により分解される生分解性 bio-degradableプラスチックの2つがおもなものだが,いずれも分解されて最終的には炭酸ガスと水になると考えられている。環境保護のため,プラスチックの使用規制の動きが高まっている国々では,ゴミ袋や包装材として実用化されているほか,生分解性プラスチックは生体内で分解・吸収されるため,縫合・骨接合材など医療用にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分解性プラスチックの関連情報