コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離の法則 ぶんりのほうそくlaw of segregation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分離の法則
ぶんりのほうそく
law of segregation

メンデルの遺伝法則の一つ。優性遺伝子 A と,対立劣性遺伝子 a に関しての交雑実験の雑種第2代 ( F2 ) で,劣性遺伝子ホモの個体 ( aa ) が分離してくることをいう。メンデルの法則のうちで最も根本的なもの。理論的な分離の比率は 3:1 で,それは,F2 での遺伝子組合せ比率が AA:Aa:aa=1:2:1 であることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんりのほうそく【分離の法則】

雑種第一代において、両親から受け継いだ一対の対立遺伝子が融合せず、配偶子形成の際に分離し、それぞれの配偶子に受け継がれること。 → メンデルの法則

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の分離の法則の言及

【遺伝】より


[遺伝子・形質の分離]
 生殖のために接合体が配偶子をつくるとき,二つの対立遺伝子は互いに分かれて別々の配偶子に入っていく。これを分離の法則とよび,メンデルの遺伝の法則の中でもっとも重要なものである。ABO血液型に関し,両親がともにAB型,すなわちIAIBのヘテロ接合体である場合を想定しよう。…

【遺伝子型】より

…かりに片方の親の遺伝子型をAA,他方をaaと表すことにする(Aはaに対して優性)と,この両親を交雑した場合,雑種第1代の遺伝子型はAaとなるが,この世代のすべての個体は優性遺伝子Aの表現型を示す(メンデルの優劣の法則)。雑種第1代の配偶子形成においてAとaは機会的に1:1の比に分離する(分離の法則)ので,雑種第1代どうしの交雑によって生じる雑種第2代では,AA,Aa,aaという遺伝子型をもった個体が1:2:1の割合で生じるが,表現型ではふつう優性:劣性が3:1の比で現れる。この場合優性形質を持った個体の遺伝子型にはAAとAaの2種があり,遺伝子型AAの個体は次代ではすべて優性形質を示す個体のみを生じるが,Aaの個体は次代において優性形質をもつ個体と劣性形質をもつ個体をふたたび3:1の比で生じる。…

※「分離の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

分離の法則の関連キーワードメンデルの遺伝法則メンデルの第一法則メンデリズムメンデル遺伝量的遺伝遺伝予後遺伝情報メンデル配偶子F2

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android