コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離不安 ぶんりふあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分離不安
ぶんりふあん

乳児が愛着の対象者が自分から離れ去ったと感じたとき示す不安反応。泣き出し,他の者から慰められてもまったく受けつけないが,その対象者が戻るとすぐに不安は解消し,元気になる。生後 10ヵ月頃から発現しやすい。この頃の乳児は母親から離れるのを恐れて,どこへでもつき従おうとするあと追い行動が著しい。短時間の分離不安は母親の再現ですぐに解消されるが,長時間にわたるときは急性の情緒障害を引起すことがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の分離不安の言及

【不安】より

…それゆえ煎じつめれば,神経症的不安でもその当人にとっては実は現実不安なのである。 フロイトは発達史的には〈分離不安separation anxiety〉を重視した。ひとりになったり,暗闇におかれたり,見ず知らずの者といるときの幼児の不安は,母という対象の喪失におびえる不安であるとした。…

※「分離不安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分離不安の関連キーワード精神症状として現われる子どもの神経症スマートフォン依存症選択性緘黙ランク口愛期乳児

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分離不安の関連情報