コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離帯水路(海氷) ぶんりたいすいろ flaw lead

1件 の用語解説(分離帯水路(海氷)の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

分離帯水路(海氷)

冬季の卓越風が沖に向かう場所では、海氷が沖に押し出され、流氷野と沿岸または定着氷との間にしばしば開水面が作られる。これを分離帯水路と呼ぶ。沿岸氷 湖ともいう。昭和基地の近くに現れるものは俗に大利根水道と呼ばれている。このような開水面が卓越風で維持されると冬季を通して活発な海氷の生成が行わ れ、多量のブラインが供給されて深層水生成に大きな役割を果たす。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分離帯水路(海氷)の関連キーワード卓越風引波氷湖湧昇流走電性直向かふ出で向かふ面と向かうシューレル現象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone