コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライン ブラインbrine

翻訳|brine

4件 の用語解説(ブラインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライン
ブライン
brine

冷凍機の冷媒の冷凍能力を冷却される品物 (被冷凍物) に伝える役割をする熱媒体。塩化カルシウム水溶液や塩化ナトリウム水溶液が用いられ,ときには塩化マグネシウム水溶液,エチレングリコールなども用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブライン(brine)

塩水。鹹水(かんすい)
海洋学水文学(すいもんがく)における高塩分、高密度の海水。極域での海氷形成に伴って生じ、熱塩循環に寄与する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

ブライン

 鹹水,塩水ともいい,食塩水に必要に応じて塩化カルシウム,塩化マグネシウムなどを加えた水.食品加工に多く用いられる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

海の事典の解説

ブライン

海水が凍るとき真水からなる氷晶ができて、まわりの海水の塩分が高められる。氷晶が浮上して海面に氷板ができたあと、その底面から下方にくさび状の結晶が 延びていくが、濃縮された塩水が鉛直に延びた細管状のセルに取り込められる。この濃縮塩水をブラインと呼ぶ。このために海氷にはかなりの塩分を含む。ブラ インは次第に下方に移動していき、やがて海氷の下面から排出される。そのため古い海氷ほど塩分量が少なくなる。排出されたブラインは密度が高く、深層水の 生成機構において重要な働きをする。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

世界大百科事典内のブラインの言及

【海氷】より

…塩分は濃い海水としてはき出されるが,その一部は結晶と結晶のすきまに閉じ込められる。この濃い海水はブラインbrineと呼ばれ,海氷中に液体のまま散在する。凍ってまもない海氷を取り上げて溶かした水は,1kg中に10~20gの塩分を含む。…

※「ブライン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブラインの関連情報