コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卓越風 たくえつふうprevailing wind

4件 の用語解説(卓越風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卓越風
たくえつふう
prevailing wind

一定の期間の風を平均してみたとき,ある方向からの風の出現頻度が高い場合の,この方向の風。春から秋にかけて顕著に現れる海岸地方の海風は日中の,陸風は夜間の卓越風である。季節についてみると冬季の日本の北西季節風,夏季のインドの南西季節風などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たくえつふう【卓越風】

ある地域・地方で、ある期間に最も頻繁に現れる風向きの風。大規模なものでは偏西風・貿易風など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卓越風
たくえつふう

ある地域で、ある期間にもっとも吹きやすい風。常風(じょうふう)ともいう。期間としては日、月、季節、年などがある。一般にはその地域の最多風向をいうことが多い。卓越風には地形の影響が大きい。たとえば、日本の冬は一般に北西風が吹いていると考えやすいが、実際の地表の風はこれに地形の影響が重なるので、川沿いの所ではそれが川沿いの風向になったり、また東海地方のように西風が多くなったりしている所もある。気候景観や植物生態は卓越風を反映していることが多い。たとえば強風地帯にはその地方の風を反映した偏形樹が発達し、これによって反対に卓越風の風向を判定することができる。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卓越風の関連情報