コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卓越風 たくえつふう prevailing wind

4件 の用語解説(卓越風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卓越風
たくえつふう
prevailing wind

一定の期間の風を平均してみたとき,ある方向からの風の出現頻度が高い場合の,この方向の風。春から秋にかけて顕著に現れる海岸地方の海風は日中の,陸風は夜間の卓越風である。季節についてみると冬季の日本の北西季節風,夏季のインドの南西季節風などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たくえつ‐ふう〔タクヱツ‐〕【卓越風】

ある地域で、ある期間内に最も吹きやすい風。常風。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たくえつふう【卓越風】

ある地域・地方で、ある期間に最も頻繁に現れる風向きの風。大規模なものでは偏西風・貿易風など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卓越風
たくえつふう

ある地域で、ある期間にもっとも吹きやすい風。常風(じょうふう)ともいう。期間としては日、月、季節、年などがある。一般にはその地域の最多風向をいうことが多い。卓越風には地形の影響が大きい。たとえば、日本の冬は一般に北西風が吹いていると考えやすいが、実際の地表の風はこれに地形の影響が重なるので、川沿いの所ではそれが川沿いの風向になったり、また東海地方のように西風が多くなったりしている所もある。気候景観や植物生態は卓越風を反映していることが多い。たとえば強風地帯にはその地方の風を反映した偏形樹が発達し、これによって反対に卓越風の風向を判定することができる。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卓越風の関連キーワード宣告猶予期末半期複利法平均測光恒率乾燥期間推定平均必要量ストキャスティックス(Stchastics)保険料不可分の原則保険料期間

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

卓越風の関連情報