コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切りたんぽ キリタンポ

3件 の用語解説(切りたんぽの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きり‐たんぽ【切りたんぽ】

秋田地方の郷土料理。ついてつぶした飯を細い杉などの棒に円筒状にぬりつけて焼いたもの。鶏肉・野菜などと醤油汁で煮たり、田楽風に味噌を塗ったりして食べる。名は、たんぽ槍の先を切った形に似るからという。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きりたんぽ【切りたんぽ】

〔たんぽ槍の形に似ることからいう〕
秋田地方特産の食品。炊きたての飯を擂り鉢に入れてつきつぶし、杉串に巻きつけて焼いたもの。串を抜いて切り、鳥肉・きのこ・ゴボウ・ネギ・セリなどと醬油味のだし汁で煮て食べる。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

きりたんぽ【切りたんぽ】


秋田の郷土料理で、つぶした飯を杉の串ににぎりつけて筒状に焼いたもの。これを切って鶏肉、野菜などと一緒に煮る鍋料理とする。◇形状が槍(やり)の先につけるたんぽに似ていることからこの名がある。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone