コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切(り)取り/斬(り)取り キリトリ

デジタル大辞泉の解説

きり‐とり【切(り)取り/斬(り)取り】

《「きりどり」とも》
切り取ること。
土木工事で、地面の高い所を削り取ること。
人を切って、金品を奪うこと。また、その人。
「―するも浪人の習ひと」〈風来六部集・放屁論後編〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

切(り)取り/斬(り)取りの関連キーワードマイクロフィルムシュウィッタースパワーショベルチケット販売シニフィアンハキリバチかつお節信用販売地盤枝肉法面溶断切金遣方擁壁葉挿金品

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android