コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇金融 ヤミキンユウ

3件 の用語解説(闇金融の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やみ‐きんゆう【闇金融】

《「ヤミ金融」とも書く》貸金業の登録をしていない貸金業者が行う融資。法定金利を超える高金利を請求される。また、その不法な貸金業者のこと。闇金。「闇金融の取り立てに苦しむ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やみきんゆう【闇金融】

正規の金融機関以外のものが行う金融。また、法定外の金利で行う金融。ヤミ金融。闇金。ヤミ金。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

闇金融
やみきんゆう

国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない違法な貸金業者。また、正規に貸金業の登録をしていながら違法な高金利を取る業者のこともさす。闇金ともいい、ヤミ金融、ヤミ金とも表記する。繁華街の張り紙などで勧誘して小口で高金利の貸し出しを行うケースや、複数の金融機関から借金をしている債務者に対し、借り入れをまとめることができると勧誘して高金利の金銭消費貸借契約を結ばせるケースなど、さまざまな形態がある。暴力団の資金源になっている場合が多く、人権を無視した取り立てによる被害が深刻な社会問題を招いた。これに対応するため、ヤミ金融対策法(貸金業規制法及び出資法の一部改正法)が2004年(平成16)1月に全面施行された。貸金業に適正な運営をさせ、借り手を保護するために、貸金業の登録要件強化、暴力団排除条項の創設、取り立て・広告等に関する規制の強化、一定以上の違法な高金利を定めた金銭消費貸借契約についての契約無効制度の導入、罰則の強化等の措置を講じている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

闇金融の関連キーワード貸金業貸金業規制法貸金業法日本貸金業協会闇金多重債務問題と貸金業規制強化貸金業に対する規制強化貸金業者の取り立て規制夜明けの会系列ノンバンク

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

闇金融の関連情報