切味(読み)きれあじ

精選版 日本国語大辞典の解説

きれ‐あじ ‥あぢ【切味】

〘名〙 刃物の切れる程度やぐあい。また、比喩的に、人の才能のひらめきぐあいや物事の切り口の鋭さなどをいう。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「扨、その太刀(たち)の切れ味は何と有たぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android