コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切断山脚 せつだんさんきゃくtruncated spur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

切断山脚
せつだんさんきゃく
truncated spur

屈曲した河川に沿って成長した氷河が,河川に向って突出した尾根の先端部を断ち切って形成した地形。先端部の切り口は三角形の急崖をつくる。アルプスヒマラヤなど氷食作用が激しく行われたところに存在する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

切断山脚【せつだんさんきゃく】

氷河地形の一つ。氷河におおわれない河食作用によるは多少屈曲を有し,山脚は交互に組み合っている。ここに氷河が流入すると山脚の末端を浸食して三角形の急崖を作って山脚を切断する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android