コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山脚 さんきゃくspur

翻訳|spur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山脚
さんきゃく
spur

山の尾根から両側に派出して低くなる小分岐。一般にその縦断面形は初めやや急で次第にゆるくなり,再び急になる。末端が断層運動氷河河川側方浸食などで断ち切られると山末端面をつくる。これを切断山脚という。切断面が三角状を呈することが多く,三角末端面ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐きゃく【山脚】

山のふもと。山すそ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんきゃく【山脚】

山のすそ。山麓さんろく。ふもと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山脚の関連キーワード相模湖(旧町名)千代川(川)ケルンバット宮崎(市)築城[町]砂防ダム野間半島中津平野足柄平野大野盆地栃木温泉氷河地形大崎上島国見山地小地形塩見岳石狩湾敦賀湾神籠石箱根

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android