切羽鎺(読み)セッパハバキ

デジタル大辞泉の解説

せっぱ‐はばき【切羽×鎺】

《「切羽」も「鎺」も、刀剣の鍔元(つばもと)の金具の名。刀に手をかけて談判するところから》ひざづめ談判をすること。
「さっきにから―する通り、銀(かね)渡したら御損であらう」〈浄・歌念仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android