コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起句 キク

大辞林 第三版の解説

きく【起句】

詩文の最初の一句。また特に、絶句の第一句。すなわち、起承転結の「起」。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の起句の言及

【短歌】より

…5・7・5・7・7を上3句(5・7・5)と下2句(7・7)とに分け,前者を〈上句(かみのく)〉,後者を〈下句(しものく)〉と呼ぶ。第1句(5)を初句,頭句,起句,第2句(7)を胸句,第3句(5)を腰句,第5句を結句,尾句,落句などと呼んでいる。5句31拍に合わない作を〈破調〉といい,長すぎるものを〈字あまり〉,短いものを〈字足らず〉と呼ぶ。…

※「起句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起句の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅仄起こり・仄起り平起こり陽関三畳起承転結漢詩一句発句承句起結初句絶句

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起句の関連情報