病牀六尺(読み)びょうしょうろくしゃく

旺文社日本史事典 三訂版「病牀六尺」の解説

病牀六尺
びょうしょうろくしゃく

明治後期,正岡子規の随筆
1902年刊。子規が結核闘病の中で没するまでの5か月間に執筆された日記的随筆。極度の肉体の苦痛にもかかわらず,心の余裕を得て達観境地にあったことを示す文章である。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「病牀六尺」の解説

びょうしょうろくしゃく ビャウシャウ‥【病牀六尺】

随筆集。正岡子規著。明治三五年(一九〇二)発表。子規永眠二日前までの病状画論・時評その他病床にあって思いつくままの各方面にわたる感想を収録したもの。「墨汁一滴」の続編

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「病牀六尺」の解説

びょうしょうろくしゃく〔ビヤウシヤウロクシヤク〕【病牀六尺】

正岡子規の随筆集。病床の著者が、自身の病状や時勢などについての所感を書いたもの。明治35年(1902)発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android