コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初漁祝 はつりょういわい

世界大百科事典 第2版の解説

はつりょういわい【初漁祝】

その年の初めての出漁のときに行われる行事で,初漁でとった魚を,漁の神であるえびすや,船霊(ふなだま)あるいは氏神などに供える。一般には2尾の魚を供えることが多いが,これらの魚をオハツオとかニアイ,ハツウオなどと呼んでおり,一般の人には食べさせず,老人やカシキに限るという所もある。また島根県隠岐では,初漁祝をクロヤキの祝いといい,初漁から帰ると,魚の大きいものを黒焼きにしてえびす様に供え,大漁を祝って後日飲食する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android