コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えびす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


えびす

古くは「えみし」といい,異民族を意味する語であった。西南地方の異民族は,比較的早く同化されたが,東北地方の蝦夷 (えぞ) だけが,長く同化せず,異民族として残ったため,「夷」が「蝦夷」をさす語となった。蝦夷のうち,帰順して内地に移された俘囚や東国武士も夷と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

い【×夷】

《昔、中国で未開人、蛮族をさしていった語から》異民族。えびす

い【夷】[漢字項目]

人名用漢字] [音]イ(呉)() [訓]えびす
古代中国で、東方の未開人の称。また一般に、異民族。未開の民族。「夷狄(いてき)華夷攘夷(じょうい)征夷東夷蛮夷
平らで低い。「平夷
滅ぼし平らげる。「焼夷弾
[名のり]ひな・ひら
[難読]蝦夷(えぞ)蝦夷(えみし)

えびす【×夷/×戎】

《「えみし(蝦夷)」の音変化》
蝦夷(えぞ)」に同じ。
「その国の奥に―といふものありて」〈今昔・三一・一一〉
都から遠く離れた未開の土地の人。田舎者。
「かかることは―、町女(まちめ)などこそいへ」〈栄花・浦々の別〉
情趣を解しない荒々しい人。特に、東国の荒くれ武士。あずまえびす。
「―は弓引くすべ知らず」〈徒然・八〇〉
異民族を侮蔑(ぶべつ)していう語。蛮夷(ばんい)。
「―のこはき国あり。その―、漢に伏して」〈徒然・二一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

夷の関連キーワード朝夷巡島記(あさいなじゅんとうき)えびす(夷/恵比寿/戎)桑田変じて海となる馮夷(ひょうい)夷を以て夷を制すウーイーシャン朝比奈如有子後撰夷曲集征夷大将軍生白庵行風ナパーム弾生白堂行風以夷攻夷以夷制夷北邙の塵焼夷兵器丹頂鶴成夷離畢夷夏論将軍職

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夷の関連情報